会社で使う認印とは

会社で使う認印を作成しようと思っているのですが、会社で使う認印と普段使う認印とでは何が違うのでしょうか。

ということで認印について詳しく調べてみましたので紹介したいと思います。

会社認印とは

個人で使われる認印とは実印登録されていない全ての印鑑を認印と言います。

会社で使われる認印も実印登録されていない印鑑の事を会社認印と言いますが、会社で使う認印の場合は適当な印鑑ではなくそれなりの印鑑で作成するべきです。

つまり認印とは実印登録していなければどんな印鑑でも認印として利用することができます。

会社認印の用途

会社認印は主に事務作業で使用することが多く、請求書や領収書などに押印するために使います。

会社には必ず会社実印が存在し、会社実印と比べると会社認印の重要性の会社実印のはるか下になります。

請求書や領収書などに会社実印を使っても全く問題ないのですが、作業効率アップのために会社認印や会社銀行印や角印を使って効率化を図っています。

基本的に会社実印は重要な取引のみに使われ、他の印鑑と同じような使い方はしません。

個人の場合でも同じように実印を認印として使うのはできれば避けましょう。

よく使われる会社認印とは

会社認印は特に書体やサイズなどの決まりはありませんが、よく使われている会社認印の書体は篆書体・吉相体・古印体がよく使われています。

また角印がよく会社認印として使われ、18mmから作成することができ、20mm以上のサイズの角印がおすすめです。

一般的な印鑑の会社認印の場合は10.5mm~13.5mmがおすすめのサイズとなります。角印の場合以外はあまり大きすぎる会社認印はおすすめできません。

また会社認印の場合は会社名を入れる場合もあるかと思います。

会社名を彫る時は縦書きで会社の正式名称で彫ってもらうようにしましょう。

印鑑の作成はオンラインショップから

認印などの印鑑を作成する時にはオンラインショップから作成した方が圧倒的に安くなるようです。

と言うのもオンラインで印鑑を売っているお店は実際の店舗を持っていないケースが非常に多いため、経費が安くなるので印鑑の作成も安く行えるようです。

なので印鑑を作成する時にはオンラインショップから申し込むのがおすすめです。

参考サイト会社認印作成辞典

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です